社労士試験の択一式と選択式とは【確実に合格ラインを超えるための対策】

社労士試験の択一式と選択式とは【確実に合格ラインを超えるための対策】
  • 社労士試験の択一式と選択式って何?
  • 違いはあるの?
  • どうすれば択一式と選択式を攻略できる?

社会保険労務士試験は2あります。択一式試験選択式試験です。問題の形式が異なるため、合格するには個別の対策が欠かせません

私は2014年の試験に合格した現役社労士です。

>> 筆者のプロフィールはこちら

この記事では、択一式と選択式を攻略するための勉強方法を解説します。記事を読めば問題を解くコツがつかめ、社労士試験に最短で合格できます。

択一式は5つの選択肢の中から正解の1肢を選ぶ5肢択一選択式は問題文の中にある5つの空欄に、キーワードを入れる穴埋め問題。どちらも出題されるポイントは同じです。

社労士やま
社労士やま

基本的な学習方法は択一式も選択式も、過去に出題された問題(過去問)を繰り返し解くことです。

合格する可能性が確実に上がる!

全33記事の一覧はこちら

択一式と選択式の違い

頭と前足は象、後ろ足と尻尾はキリンの画像

択一式と選択式の違いは以下のとおりです。

択一式選択式
出題形式5肢択一穴埋め問題
試験時間210分80分
問題数70問8問(40空欄)
科目数7科目8科目
得点70点満点40点満点
合格に必要
な総得点
44点前後
(毎年変動)
24点前後
(毎年変動)
最低限必要
な得点(原則)
各科目4点以上
(10点満点中)
各科目3点以上
(5点満点中)

詳しくは後述しますが、択一式はスピードが求められる試験です。選択式は総合的な知識を駆使した判断力が必要になります。

択一式のネックは、総得点で合格基準点を超えられないこと。選択式は、科目ごとに3点を取れずに足切り=不合格になってしまうことです。

社労士試験の択一式と選択式に共通する3つのポイント

3つのポーズをとっている女性

社労士試験における、択一式と選択式の共通ポイントは以下の3つになります。

  • 理解する
  • 反復する(繰り返し)
  • 苦手科目をつくらない

理解と反復

左手の人差し指を立てて、喜んでいる女性

社労士試験は「記憶しているか or いないか」の勝負です。しかし、出題範囲が広いため、丸暗記で乗り切ろうとするのは無理があります。大量に記憶するには、理解と反復が欠かせません

基本を理解していれば、試験で難しい問題が出題されても応用が効きます。理解した上で学習を繰り返すと、次の効果が得られます。

  • 正確に記憶できる
  • 知識が定着する
  • すぐに思い出せる

記憶は「理解」と「反復」がセットです。

社労士試験で出題される内容を理解するためには、以下の学習が有益です。

  • テキストを読む
  • 過去問を解く
  • 問題集の解説を読む

資格スクールを活用しているなら、次の2つも理解に役立ちます。

  • 講義を試聴する
  • わからない点を質問する

資格スクールは理解を助けてくれる存在です。

社労士やま
社労士やま

社労士試験の学習を効率よく進めていくには、理解と反復が不可欠です。

合格する可能性が確実に上がる!

苦手科目をつくらない

4つのポーズをとっている男性

もう一つ、合格に欠かせない要素があります。苦手科目をつくらないことです。

社労士試験の学習範囲は全10科目。合格するには択一式と選択式、2つ試験の合格基準点をそれぞれクリアする必要があります。

合格基準点

合格するために最低限必要な点数のことです。2021年試験の合格基準点は以下のように発表されました。

  • 選択式試験:総得点24点以上かつ各科目3点以上
  • 択一式試験:総得点45点以上かつ各科目4点以上

詳細はこちら >> 合格基準を具体例付きで解説

社労士試験は1科目でも合格基準点を下回ると不合格です。苦手科目をつくらないように、全科目をバランスよく学習しなければなりません。

学習方法は、択一式も選択式も基本的には同じです。過去問を繰り返し解くことです。

社労士やま
社労士やま

ただし、択一式と選択式では問題の形式が異なるため、個別の対策が必要になります。

>> 科目別の勉強法はこちら

社労士試験の択一式対策

5人の中から1人を選ぼうとしている画像

択一式では以下のような形式の問題が70問、出題されます。

社労士試験の択一式試験の過去問題の画像
2021年 択一式の試験問題「労働基準法」

択一式試験を攻略するための手順は次の通りです。

  1. 択一式の特徴を知る
  2. 6つの攻略法を実践する

択一式の特徴を知る

下を指差している男性のイラスト

社労士試験を攻略するには、択一式がどんな試験か知る必要があります。以下は概要です。

択一式内容
出題形式5肢択一
試験時間210分
試験時刻
(2022年)
13:20〜16:50
科目数7科目
問題数70問
配点1問1点(70点満点)
合格基準点
(原則)
総得点の基準点以上
かつ各科目4点以上
択一式試験の概要

択一式は試験時間が3時間30分(210分)と長丁場。全70問なので、1問当たり3分以内に解き終えなければなりません

社労士試験の合格ラインは、受験者の得点によって毎年変動します。以下は択一式の総得点の合格基準点です。(過去10年間)

試験年総得点の合格基準点
2012年46点以上
2013年46点以上
2014年45点以上
2015年45点以上
2016年42点以上
2017年45点以上
2018年45点以上
2019年43点以上
2020年44点以上
2021年45点以上
択一式 総得点の合格ラインの推移

択一式では総得点で46点を取れれば、合格できています。

社労士試験では特定の科目について受験者の得点が低いときに、科目ごとの合格基準点が下がるケース(救済措置)があります。しかし、択一式で過去10年間に救済措置が行われたのは3年だけ。択一式では科目ごとの救済措置は期待できません

試験年救済措置救済科目
2012年なし
2013年なし
2014年あり労一+社一は3点可
2015年なし
2016年あり労一+社一、
厚年法、国年法は
3点可
2017年あり厚年法は3点可
2018年なし
2019年なし
2020年なし
2021年なし
択一式試験 救済措置の有無(過去10年)

社労士試験に合格するには択一式の全科目で、4点以上の得点を死守する必要があります。

社労士やま
社労士やま

択一式は総得点がネックになる場合が多いです。

>> 合格基準の詳細はこちら

択一式の問題は4パターン

4人の手のイラスト

社労士試験の択一式で出題される問題のパターンは以下の4つです。

正しいもの選び
「次の記述のうち、正しいものはどれか。」
誤っているもの選び
「次の記述のうち、誤っているものはどれか。」
個数問題
「次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。」
組み合わせ問題
「次のアからオの記述のうち、正しいものの組み合わせは、後記AからEまでのうちどれか。」
「次のアからオの記述のうち、誤っているものの組み合わせは、後記AからEまでのうちどれか。」

パターンによって、それぞれ問題の難易度が違います。

  • (難しい) 個数問題 > 正しいもの選び > 誤っているもの選び > 組み合わせ問題 (やさしい)

択一式では個数問題がもっとも難しく、組み合わせ問題がいちばん得点しやすい傾向です。

2021年の択一式の出題数は以下の通りでした。

問題パターン出題数
正しいもの選び32問
誤っているもの選び30問
組み合わせ問題5問
個数問題3問
合計70問
2021年 択一式問題の問題パターンごとの出題数
社労士やま
社労士やま

択一式の「組み合わせ」はサービス問題です。取りこぼさないようにしましょう。

学習のポイントは基本重視

落ち着いた様子で正面を向いている男性

択一式の学習のポイントは、マニアックな問題を捨てることです。過去の社労士試験で1度しか出題されていないような過去問はスルーします。

マニアックな問題とは、出題者が受験者を惑わすために紛れ込ませた選択肢のこと。再度、出題される可能性は低いです。

社労士試験は7割が基本事項からの出題です。基本事項に関する問題を確実に得点できれば合格できます。

択一式の過去問演習の際はマニアックな問題には触れずに、誰でも正解できるような基本的な問題を繰り返し解きましょう

社労士やま
社労士やま

奇問難問は他の受験生も解けないので、合否に影響しません。

社労士試験の基本事項

基本事項とは、各科目で毎年のように出題されているテーマです。過去の出題実績は、テキストに一覧表などで掲載されています。

択一式の1問1答形式の過去問題集は項目ごとにまとまっています。どのテーマが何回出題されているかがわかるため便利です。

1問1答形式の過去問題集
1問1答形式の問題集(国民年金法)

マニアックな問題か判断する方法

以下3つの基準を目安にして、マニアックな問題かどうかを判断します。

  • テキストに書かれていない内容
  • 直近10年間で同じ内容の出題がない
  • 問題集で「重要度C(低い)」「発展問題」などと評価されている

当てはまる基準が多いほど、優先度の低い問題です。

学習の基本はこちら >> 最短合格できる勉強方法

6つの攻略法を実践する

指差し棒を持っている男性

社労士試験の択一式を攻略するために、以下の6つの対策を実践しましょう。クリックすると各項目にジャンプします

過去問の演習を繰り返す

勉強をしている女性

択一式をマスターするために、過去問を繰り返し解いてください。過去問の反復には以下の効果があります。

  • 理解が深まる
  • 正確に速く解けるようになる
  • 社労士試験の重要なポイントがわかる

過去問を繰り返し解いた回数が多いほど、択一式の実力がアップします。択一式の実力が上がると、選択式の問題もある程度は解けるようになります。過去問を解けば解くほど、合格に近づくわけです。

択一式の1問1答形式の問題集は科目ごと、項目ごとに過去問がまとめられているのでおすすめ。テキストの章や講義の単元を終えるたびに、学習した範囲に該当する過去問を解くことができるからです。効率よく復習ができます。

選択式で出題された箇所が択一式で出題されることがあります。選択式の過去問も択一式対策として押さえてください。

択一式の過去問を解いたあとは問題集の解説を読むだけでなく、テキストも確認しましょう。社労士試験は過去問の周辺知識が問われるからです。

社労士やま
社労士やま

以下は労働基準法第3条について問われた実際の試験問題です。

労働基準法第3条は、使用者は、労働者の国籍、信条、性別又は社会的身分を理由として、労働条件について差別的取扱をすることを禁じている。

2017年度 社労士試験 択一式 労働基準法 問5ア

労働基準法第3条に定める「国籍」を理由とする差別の禁止は、主として日本人労働者と日本国籍をもたない外国人労働者との取扱いに関するものであり、そこには無国籍者や二重国籍者も含まれる。

2020年度 社労士試験 択一式 労働基準法 問4A

どちらも同じ労働基準法第3条をテーマにした問題ですが、問われている内容が異なります。

問題集の解説を読むだけだと、過去問の周辺知識が問われた場合に対応できません。択一式の過去問演習の際は、問題集とテキストを行き来する習慣をつけましょう。過去問を解くたびに周辺知識を吸収できます。

時間をかけずに問題集とテキストを往復できるように、2冊をリンクさせるのがおすすめです。

社労士やま
社労士やま

問題集とテキストをリンクさせておくと、直前期の8月に効率よく復習できます。

問題集とテキストをリンクさせる方法

次の方法を使えば、問題集とテキストをストレスなく行き来できるようになります。

問題集に記入
・問題集に、テキストのページ番号を書く(下の画像①:P913)
・テキストを開いて過去問の内容が書かれている箇所を探す
・問題集の解説ページに、テキストのページ番号を記入する
テキストに記入
・テキストに、問題集の問題番号を書く(下の画像②:315)
・テキストの過去問の内容が書かれている箇所に、問題集の問題番号を記載する
過去問題集にテキストのページ番号を記入した画像。
画像① 問題集にテキストのページ番号を記入
テキストに、過去問題集の問題番号を記入した画像。
画像② テキストに問題集の問題番号を記入

過去問題集の選び方

問題集

過去問題集は、予備校を活用する場合、講座の教材に含まれているので購入する必要はありません
独学の場合は、書店やAmazon、楽天ブックスなどで購入します。実際に手に取ってみて、あなたに合う教材を選んでください。一問一答形式で解説文が詳しいほうが、理解しやすいです。
どれを選んだらいいかわからない場合は、TAC出版の過去問題集(Amazon)がおすすめです。もっともスタンダードな本で毎年出版されているので、長年受験生に支持されています。

問題演習の正誤記録を付ける

まっさらな紙に書き込もうとしているイラスト

社労士試験の択一式の問題演習をしたあとは、正誤記録を付けましょう。記録を付けるメリットは次の3つです。

  • 弱点を把握・克服できる
  • 計画的に復習できる
  • 自信になる

正誤記録を見て間違えた問題を復習することで、弱点を克服できます。インターバルを意識して復習すると、記憶の維持にもつながります。択一式の正誤記録は以下のように付けるのがおすすめです。

  • 過去問を解いた日付
  • 〇:理解した上で正解
  • △:なんとなく正解
  • ×:不正解

択一式の問題集のページのスミ、または別紙に日付と正誤を記録します。

労働基準法
問題番号
1回目日付1回目正誤備考2回目日付2回目正誤備考3回目日付3回目正誤備考
19/59/610/4
29/59/610/4
39/5×凡ミス9/610/4×忘れていた
49/79/810/7×理解不足
59/79/8×読み違い10/7
問題演習の正誤表の例

3回連続で「〇」になった問題はひとまず除外します。「△」や「×」の問題に注力し、苦手な問題を減らしていきます。

社労士試験は、過去問の〇×判定をするだけでは合格できません。正誤記録を活用しながら、過去問を理解できるまでやる抜くことが重要です。

社労士やま
社労士やま

正誤記録を振り返ると、自分の成長を実感できます。

効果的な復習のタイミングはこちら >> エビングハウスの忘却曲線

基本事項を完璧に理解する

親指を立てて、微笑んでいる男性

社労士試験では基本事項が何度も出題されています。基本事項はこれからも択一式で出題されるため、問題文を変えられても解けるように、完璧に理解してください。

基本事項を理解するとは以下を意味します。

  • 選択肢ごとに正誤の判断ができる
  • 選択肢ごとに問われているポイントがわかる
  • 誤っている選択肢を正しく修正できる
  • 問われているポイントに関連する知識まで知っている

特に基本事項に関しては、周辺知識まで知っていることが必須です。答えの選択肢を覚えるだけでは、合格できません。理解することが重要です。

目的条文は社労士試験における基本事項です。以下のように目的条文だけが択一式で問われることがあります。

2021年択一式試験の問題文1
2021年択一式試験の問題文2
2021年 労務管理及び社会保険に関する一般常識 問9

労基法や雇用法、厚年法といった主要科目はもちろんのこと、労一や社一で出題される法律の目的条文も押さえてください。

社労士やま
社労士やま

目的条文は選択式試験でもよく狙われます。

目的条文

各法律の第1条に定められた条文です。法律の原則や趣旨、どんな目的で作られたのかが書かれています。社労士試験では頻出事項であり、最重要ポイントです。

問題演習はタイムを測る

時計

択一式の過去問を演習する際はタイムを測りましょう。択一式は「時間との戦い」だからです。

択一式の問題文は長文化しています。2021年の試験問題は68ページありました。択一式は全70問、350肢の正誤を210分以内に判断しなければなりません。

社労士試験の本番で1つの選択肢にかけられる時間は36秒。見直しやマークシートに記入する時間を考えると、1肢を30秒以内で判定したいところです。

本試験で時間内にすべての問題を解き終えるためには、普段からスピードを意識しておく必要があります。択一式の過去問演習の際は、タイムを測るようにしましょう。

一通りインプットが終わった段階で、問題演習のタイムを測り始めるのがおすすめ。4月ごろがベストです。

制限時間を設けて繰り返し問題演習をすると、知識をスピーディーに引き出せるようになります。

社労士やま
社労士やま

1問1答形式の過去問を解く際は、短めの制限時間を設定しましょう。1問当たり25秒を推奨します。

模擬試験を受ける

鉛筆を持っている手のイラスト

模擬試験は必ず受けてください。社労士試験の択一式はボリュームがあるため、解き進めるには訓練が必要だからです。模試の目的は3つです。

  • 良質な予想問題を入手する
  • 210分(3時間30分)を体感する
  • 本試験と同じ5肢択一の出題に慣れる

模試を受けると、本試験で必要な「集中力」「持久力」「ペース配分」がわかります。復習をすることで、法改正と白書対策にもなります

模試を受けずに社労士試験に挑むのは、42.195kmを走ったことがない人が制限時間があるフルマラソンに挑むようなもの。厳しい結果になります。

社労士やま
社労士やま

模試にはメリットしかありません。合格したいなら、模試は必ず受験するようにしましょう。

>> 法改正と白書対策のポイントを押さえて得点源にする方法

模擬試験は2タイプ

社労士試験の模試は2種類あります。

本番に近い緊張感を味わえる、会場受験タイプの模試がおすすめです。

詳細はこちら >> 得点につながる模試の活用法

通信講座専門の資格スクール

社労士試験の講座を提供している、通信教育が専門の主な資格スクールは以下の5社です。

合格する可能性が確実に上がる!

3つのテクニックを習得する

微笑んでいる3人の男女

択一式に有効な3つのテクニックを身につけましょう。

  • 長文対策
  • 選択肢の絞り込み
  • キーワードやフレーズで判断する
長文対策
まっさらな紙に書き込んでいるイラスト

社労士試験の択一式で長文の選択肢が出題された場合は、次の順番で読んでいきます。

  1. (カッコ)を飛ばして読む
  2. 数字や専門用語をチェックする
  3. 問題文に区切り線を入れる
2021年択一式試験の問題文。赤字で、「区切り線」「カッコを飛ばす」「数字や専門用語をチェック」と追記。
2021年 択一式試験 国民年金法 問5C

まず、全体を把握するために流し読みをします。文中に(カッコ)が多い場合は、いったん飛ばしてください

次に数字や専門用語などのわかりやすいポイントで誤りがないかチェックします。

最後に文章を読点(、)や句点(。)ごとに区切り線(/)を入れて、区間ごとに確認していきましょう。

社労士やま
社労士やま

択一式の長文は全体の主旨をつかんだあとに分割して、それぞれ細部をチェックしていくと正誤を判断しやすいです。

選択肢の絞り込み
虫眼鏡を持って、左手の人差し指を立てている女性

社労士試験の択一式では見たことのない選択肢が必ず出題されます。正解を導き出すために、選択肢ひとつずつに「〇」「×」「△」を書いて絞り込みます。

  • 〇:正しい内容
  • ×:明らかに誤り
  • △:判断が難しい
2021年択一式試験の問題文。赤字で〇、△、×を追記
2021年 択一式試験 労働基準法 問7

最後に△の選択肢が複数残った場合は、知識を総動員して「〇のような」または「×のような」選択肢を選びましょう

本試験では合格者でも、すべての選択肢の正誤を判定できているわけではありません。できるだけ候補を減らした上で、もっとも「〇・×のような」と考えられる選択肢を選ぶのかが鍵です。

「〇・×のような」を判断をするのにいちばん役に立つのが基本事項の知識です。基礎知識は学習のベースとなるため、困ったときに役立ちます。

社労士やま
社労士やま

模試や練習問題を使って、択一式の絞り込み練習をしましょう。

キーワードやフレーズで判断する
数字などの文字や記号を書いているイラスト

社労士試験の択一式の選択肢にはポイントとなるキーワードやフレーズが含まれています。ポイントさえ見つけられれば、正解できる確率は上がります。

択一式で頻繁にポイントとなるキーワードは次のとおり。

数字
例:割合(100分の80)、金額(74,900円)、人数(100人)
超・未満
例:3か月を超える、160万円未満
継続・通算
例:継続して3日、通算して3日
以上・以内・以下
例:2分の1以上、20日以内、10年以下
「日」や「月」を表す単位
例:前日、翌日、前月、翌月
かつ・又は
遅滞なく・速やかに

以下は、択一式での実際に出題された問題です。

2021年択一式試験の問題文に赤字で追記。人数が問われた問題
2021年 択一式試験 労基法及び安衛法 問10B
2021年択一式試験の問題文に赤字で追記。数字が問われた問題
2021年 択一式試験 雇用保険法 問2E
2021年択一式試験の問題文に赤字で追記。起算日が問われている問題
2021年 択一式試験 労働者災害補償保険法 問8B

択一式では次のような極端なフレーズも正誤ポイントとなります。誤っている内容が書かれた選択肢に使われることが多いです。

  • 最も
  • 必ず
  • 常に
  • 誰でも
  • 一切ない
  • いつでも
  • すべての
  • いかなる
  • のみ・限られている

以下は実際の出題例になります。

2021年択一式試験の問題文に赤字で追記。「必ず」というフレーズが論点になった問題
2021年 択一式試験 労務管理その他労働に関する一般常識 問5E
2021年択一式試験の問題文に赤字で追記。「誰でも」というフレーズが論点になった問題
2021年 択一式試験 健康保険法 問6D
2021年択一式試験の問題文に赤字で追記。「いかなる」というフレーズが論点になった問題
2021年 択一式試験 健康保険法 問5E

問題文の中に特徴的なキーワードやフレーズを見かけたら、必ず前後の文脈をチェックしましょう。即座に正誤を判定できる場合があるため、時短につながります

社労士やま
社労士やま

択一式は早く解き終えて、どれだけ「難問」や「見直し」に時間を使えるかが勝負です。

覚え方をこちら >> 脳裏から離れない記憶術9選

>> 試験当日の択一式の心構えとテクニックはこちら

社労士試験の選択式対策

分岐点の前で立ち尽くしている人

社労士試験の選択式の概要は以下のとおりです。

選択式内容
出題形式穴埋め問題
試験時間80分
試験時刻
(2022年)
10:30〜11:50
科目数8科目
問題数8問×5空欄=40空欄
配点1空欄×1点(40点満点)
合格基準点
(原則)
総得点の基準点以上
かつ各科目3点以上
選択式試験の概要

選択式は5つの空欄に入る適切な語句を、20の選択肢の中から探す形式です。以下のような問題が8科目で8問、出題されます。

2021年選択式試験の問題文
2021年選択式試験の選択肢
2021年選択式の試験問題「厚生年金保険法」

選択式の試験時間は80分。1問当たり10分以内に解けばいいため、択一式と比べると時間に余裕があります

ただし選択式は、択一式よりも「知っているか or いないか」の要素が強い試験です。毎年難問が出題されるため、受験者の多くが科目ごとの合格基準点を下回ってしまいます。社労士試験の難易度を上げている最大の要因が、選択式の科目ごとの合格基準点なのです。

選択式は基準点の引き下げ(救済措置)が頻繁に行われています。以下は過去10年間の選択式の合格基準点と救済措置です。

試験年度合格基準点救済措置
2012年総得点 26点以上
各科目 3点以上
厚年は2点可
2013年総得点 21点以上
各科目 3点以上
社一は1点可
労災・雇用・健保は2点可
2014年総得点 26点以上
各科目 3点以上
雇用・健保は2点可
2015年総得点 21点以上
各科目 3点以上
労一・社一・健保・厚年は2点可
2016年総得点 23点以上
各科目 3点以上
労一・健保は2点可
2017年総得点 24点以上
各科目 3点以上
雇用・健保は2点可
2018年総得点 23点以上
各科目 3点以上
社一・国年は2点可
2019年総得点 26点以上
各科目 3点以上
社一は2点可
2020年総得点 25点以上
各科目 3点以上
労一・社一・健保は2点可
2021年総得点 24点以上
各科目 3点以上
労一は1点可
国年は2点可
選択式試験 合格ラインの推移(過去10年)

選択式試験では毎年、救済措置が実施されています。しかし、どの科目で基準点の引き下げが行われるかは合格発表まで不明。最初から救済措置を当てにすることはできません。

社労士やま
社労士やま

選択式は、すべての科目で3点以上を確保することが最大のミッションです。

>> 合格基準の詳細はこちら

選択式の問題は3タイプ

指差し棒を持っている女性

社労士試験の選択式の問題は大きく分けて3タイプです。

  • 法律・施行令・施行規則タイプ
  • 通達・行政手引・判例タイプ
  • 白書・統計タイプ
社労士やま
社労士やま

問題のタイプを意識して選択式の過去問を解くと、出題の傾向がわかるようになります。

法律・施行令・施行規則タイプ

テキストを開いて、勉強をしているイラスト

選択式の「法律・施行令・施行規則タイプ」の問題は、法令の条文ベースに作られています。もっともスタンダードなタイプです。目的条文などの主要な条文が繰り返し出題されています。

以下は条文からの出題です。

2021年選択式試験の問題。条文からの出題例
2021年選択式試験「国民年金法」より抜粋
社労士やま
社労士やま

「法律・施行令・施行規則タイプ」は得点したい問題です。

法律・施行令・施行規則

「〜法」というものを法律といいます。法律に関連して内閣が定める規定が施行令(政令)です。法律や施行令に合わせて各省庁の大臣が定められるものを施行規則(省令)といいます。

  • 法律:厚生年金保険 → 国会で定める
  • 政令:厚生年金保険法施行令 → 内閣が定める
  • 省令:厚生年金保険法施行規則 → 厚生労働大臣が定める

「法律」「施行令」「施行規則」の3つをまとめて法令と呼びます。

通達・行政手引・判例タイプ

裁判で使用されるハンマー

選択式の「通達・行政手引・判例タイプ」は行政機関が出す通達やマニュアル、裁判所が示した判断をベースに作れた問題。労基法や労災法、雇用法などの労働法科目での出題が多いです。

以下は行政手引きからの出題です。

2021年選択式試験の問題。行政手引きからの出題例
2021年選択式試験「雇用保険法」より抜粋
社労士やま
社労士やま

通達・行政手引・判例タイプの問題は条文の解釈が問われるため、文章を読み解く力が求めれます。

通達・行政手引・判例

通達
行政機関が出す法令の解釈や運用、執行方針を指します。
行政手引
行政機関が出すマニュアル。実務上の扱いを定めたものです。
判例
裁判所が事件に対して示した判断。社労士試験では最高裁判所における判例が出題されます。

労働法科目と社会保険法科目

社労士試験で出題される科目は2つに大別できます。

労働法科目
労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、労働保険の保険料の徴収等に関する法律、労務管理その他労働に関する一般常識
社会保険法科目
健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、社会保険に関する一般常識

>> 試験の全体像はこちら

白書・統計タイプ

まっさらな白い紙を手渡しているイラスト

選択式では「労務管理その他労働に関する一般常識」や「社会保険に関する一般常識」の2科目で、白書・統計タイプの問題が出題されます。主に厚生労働白書や労働経済白書、労働統計のデータが問われます。

以下は白書・統計からの出題です。

2021年選択式試験の問題。白書・統計タイプからの出題。
2020年選択式試験「労務管理その他労働に関する一般常識」より抜粋

白書や労働統計は範囲が広いため、何が出題されるか予測が困難です。

社労士やま
社労士やま

受験者をもっとも悩ませる選択式の問題が「白書・統計タイプ」になります。

詳細はこちら >> 白書の出題ポイントを押さえる方法

正答率を上げるテクニック

階段を上っている女性

社労士試験で出題されるポイントは、択一式も選択式も同じです。択一式の実力が上がれば、選択式もある程度は解けるようになります。

しかし、選択式の科目ごとの合格基準点をすべてクリアするためには、テクニックも必要です。次の6つの手順で選択式の問題を解くと、正答率を上げることができます。

  1. 問題文を軽く読む
  2. しっかり読む
  3. 自力で空欄を埋める
  4. 書いた語句と選択肢を照合する
  5. 20の選択肢を5つにグルーピングする
  6. 4つの選択肢に絞り込む

①問題文を軽く読む

2021年選択式試験の問題文。
2021年選択式試験「厚生年金保険法」の問題文

まず、選択式の問題文を読みます。与えられている20の選択肢を見てはいけません

問題文だけをサラッと読んで、問われている内容の主旨を把握します。

②しっかり読む

虫眼鏡を持ってこちらを見ている男性

選択式の問題文を軽く読んで全体をつかんだあとに、もう一度問題文を読みます。今度は精読です。

しっかり読みながら、わかる空欄がないか確認します。

③自力で空欄に語句を書く

2021年選択式試験の問題文に赤字で追記。
問題文の空欄に自力で記入してみる

精読しながら、入れられそうな空欄があれば埋めていきます。

ポイントは選択肢を見ずに自力で空欄に入る語句を書いてみること。なんとなくでもOKです。漢字がわからなければ、ひらがなやカタカナでも構いません。

社労士やま
社労士やま

選択肢を見ずに文脈から入る語句を考えることで、選択肢に惑わされずに正解を導き出せます。

④書いた語句と選択肢を照合する

2021年選択式試験の問題文に赤字で追記。
2021年選択式試験の選択肢に赤字で追記
自力で書いた語句と選択肢を照合する

精読をしながら、入力できそうな空欄に自力で一通り書き終えたあとは、選択肢を確認します。20の選択肢の中に、自分で書いたフレーズと同一または似た語句があれば、その選択肢は解答の第一候補です。

⑤20の選択肢を5つにグルーピングする

2021年選択式試験の20の選択肢を5つのグルーピング
20の選択肢を5つにグルーピングする

与えれている20の選択肢を、5つにグループ分けします。1つの空欄には4つの選択肢が与えられているからです。

自分で書いたフレーズを、グループの中の4つの語句と見比べて他に適切な選択肢がないか確認します。

社労士やま
社労士やま

間違いないと確信がもてたら、マークシートに書き込みます。

⑥4つの選択肢に絞り込む

2021年選択式試験の問題文。空欄に入る選択肢の番号を記入。
2021年選択式試験の20の選択肢をグルーピングして絞り込んだ画像。
グルーピングをしたあとに候補を絞り込み

自力ではわからない空欄を埋めるために、答えを選び終わった空欄に与えられている選択肢を削除します。

問題文の流れからグループを特定。グループが特定できたら、空欄に4つの語句をそれぞれ書き入れて、知識や常識、前後の文脈から1つを選択します。

グルーピングができれば、ほとんどの空欄は選択肢を4つまで絞り込めます。正解できる確率は25%です。

社労士やま
社労士やま

手順④までにすべての空欄を埋めることができたら、⑤以降のグルーピングの作業は省いても構いません。

>> 試験当日の選択式の心構えとテクニックはこちら

模擬試験を活用する

ペンを持っている手のイラスト

社労士試験の選択式は毎年8問×5空欄=40空欄。問題数が少ないです。選択式の場合、過去に問われた語句が同じ問題文で出題されることはほとんどありません。

選択式の過去問演習は出題傾向を知る上で役立ちます。しかし、過去問を繰り返すうちに正解の語句を覚えてしまうため、選択肢を絞り込む技術を習得するという面では不向きです。

模擬試験や練習問題を活用して、選択式のテクニックを身につけましょう。特に模試は効果的です。各団体が本試験で的中させるために、威信をかけて問題を作っています。

社労士やま
社労士やま

模試は最高の予想問題です。

社労士試験の模試は2社、活用するのがおすすめです。1社は会場で受験。もう1社は選択式対策として自宅に取り寄せます。

受講生が多い資格スクールの模試を選びましょう。理由は、模試の問題が的中して本試験に出題された場合に内容を知らないと、大きなハンデなるからです。

おすすめは以下の資格スクールの模試です。

社労士やま
社労士やま

消化不良になっては逆効果。模試は2社までにしましょう。

詳細はこちら >> 得点につながる模試の活用法

合格する可能性が確実に上がる!

初見の問題を想定する

落ち着いた様子の中年男性

社労士試験の選択式では、見たことのない問題が出題されます。特に「労務管理その他労働に関する一般常識」では難問がよく出題され、合格基準点が引き下げられています。

どれだけ時間をかけて勉強しても、すべての範囲を100%カバーするのは不可能です。初見の問題や難問が出るものと覚悟しておきましょう

選択式でわかならい問題が出てきたときは、次の手順で冷静に対処してください。

  1. 「やっぱり出てきた、想定内」と思う
  2. 「みんな解けない」と開き直る
  3. 選択式のテクニックを使って、冷静に絞り込む

奇問難問を「想定している」のと「いない」のでは、結果も違ってきます。

社労士試験の選択式では初見の問題が出るものと想定して、あらかじめ対処法を考えておくことが重要です。本試験でパニックにならずに済みます。

社労士やま
社労士やま

模試や練習問題を活用して、選択式のテクニックを使いこなせるようになりましょう。

>> 労一で足切りにあるリスクを下げる勉強法

やる気を保つコツはこちら >> モチベーションを維持する方法

択一式と選択式のコツをつかんで社労士試験に合格しよう

ガッツポーズをしている男性

社労士試験の択一式と選択式で出題されるポイントは同じです。基本的な対策は、どちらも過去問の演習になります。

択一式の実力がつくと選択式の問題も解けるようになります。選択式は過去問の数が少ないため、択一式の過去問を中心に反復演習しましょう。

社労士試験で最難関の課題は、選択式の全科目で3点以上を死守することです。次のテクニックを使って、候補となる選択肢を絞り込みます。

  1. 問題文を軽く読む
  2. しっかり読む
  3. 自力で空欄を埋める
  4. 自分で書いた語句を選択肢と照合する
  5. 20の選択肢を5つにグルーピングする
  6. 4つの選択肢に絞り込む

模試や練習問題を活用して、選択式のテクニックを使いこなせるようになってください。効果的な学習を重ねれば、どんな問題が出題されても冷静に対処できるようになります。

社労士やま
社労士やま

択一式と選択式のコツをつかんで、最短合格しましょう。

合格する可能性が確実に上がる!

全33記事の一覧はこちら