スタディング社労士講座は業界最安値の46,800円【スマホだけで合格できる】

スタディング社労士講座は業界最安値の46,800円【スマホだけで合格できる】
  • 子供の教育費や住宅ローンがかかるので、経済的に余裕がない
  • 仕事が忙しく、じっくり勉強する時間がとれない
  • とにかく毎日がハードで、学習を続ける自信がない

40代になると、家庭でも職場でも大きな責任がのしかかってきます。

将来のために「いま、何か始めないと」と頭ではわかっていても、なかなか最初の一歩を踏み出せないですよね。私もそうです。成功するか、わからない挑戦に対して、10万も20万も投資をすることに抵抗感があります。

>> 筆者のプロフィールはこちら

でも、経済的・時間的な理由で社労士になることを諦めるのは、あまりにもったいない。

なぜなら、4万円台の通信講座があるからです。しかも、スキマ時間にスマホをタップするだけで一生稼ぎ続けることができる資格が手に入る

それを実現するが、スタディングの社労士講座です。

46,800円で合格を狙える!

申し込む前に必ずお試し体験を!

スタディングは画期的な教材です。しかし、あなたに合わないこともあります。社労士講座は安い買い物ではありません。必ず無料登録をし、お試し体験をした上で「これなら大丈夫!」と思えたら申し込むようにしましょう。

無料体験をすることで事前にミスマッチを防ぐことができるので、合格の可能性が格段にUPします。公式サイトで無料登録をすると、お試し体験をすることができます

今すぐお試し体験ができる!

スタディングが選ばれる3つの理由

スマートフォンを操作している男性

業界最安値

スタディング社労士講座の価格設定は3つです。46,800円、59,800円、74,800円。スタディングの次に受講料が安いのはユーキャンで79,000円。主要スクールの中では、スタディングが最安です。

46,800円を365日で割れば1日あたり、わずか128.2円。缶コーヒー1本分です。

>> 通信講座5社の料金比較はこちら

スマホで完結

スタディングなら、スマホですべての操作が可能です。講義視聴やテキスト参照、問題演習など、全部スマホで済みます。スマホさえあれば、いつでもどこでも勉強ができる。もちろん、パソコンやタブレットにも対応しています。

独学のように、分厚いテキストや問題集を持ち運ぶ必要はありませんゲーム感覚で気軽に取り組めるので、ストレスフリーです。

>> スマホ学習の詳細はこちら

2年目も安心

受講1年目で合格できなくても、ご安心ください。翌年は1年目の受講料の半額以下の価格で、引き続きサービスを受けることができます。1年目の受講料がベーシックコースの46,800円だとすると、2年目の受講料は22,000円です。

合格するまで、無理なく学習を続けられますね。

>> 再受講割引の詳細はこちら

独学でも教材を一式揃えたら、2万円ぐらいはかかります。

ひと目でわかる!スタディング社労士講座の商品情報

STUDYing
販売元KIYOラーニング株式会社
講座名社労士合格コース
ベーシック
スタンダード
フル
価格①46,800円
②59,800円
③74,800円
入会金0円
受講形式オンライン
(スマホやPC)
受講期間2023年9月30日まで
教材合格戦略講座(5時間)
※入門講座(6時間)
基本講座(124時間)
スマート問題集
セレクト過去問
総まとめ講座(21時間)
(白書・統計対策
横断整理
法改正対策)
※合格模試
※直前対策答練(5時間)
※ベーシックには入門講座と合格模試、直前対策答練は含まれていません。
※スタンダードには入門講座は含まれていません。

教材送料0円
※デジタル教材のみ
総講義時間ベーシック:150時間
スタンダード:155時間
フル:161時間
倍速視聴可能
(0.5/1.0/1.25/1.5/1.75/2.0/2.5/3.0)
音声・動画ダウンロード可能
テキスト・問題集デジタル
カラー
冊子のテキスト別売り
印刷
(28,600円)
質問フルは30回まで
他はオプションで対応
Web問題集あり
合格特典あり
(1万円)
スマホアプリあり
再受講割引あり
(半額以下)
教育訓練給付金対象外
支払い方法クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
分割支払い
ペイジー
(金額はすべて税込)

「ベーシック(46,800円)」には合格模試は含まれていません。模試が含まれているのは「スタンダード(59,800円)」と「フル(74,800円)」です。

スタディングの最大の特徴は「オンラインで完結」です。よって冊子の教材は送られてきません。冊子のテキストが必要な場合は、オプション(28,600円で別途購入)になります。

スタディングは紙を使わない分、価格を抑えています。

スタディング社労士講座の評判・口コミ

6つのマイクが並んでいるイラスト

ツイッターに投稿されている、スタディング社労士講座の評判や口コミを集めました。いい話からマニアックな声まで幅広く紹介しているので、ご参考にしてください(クリックすると各項目にジャンプします)。

スタディングで一発クリアでした

スマイル

時間と費用の関係でスタディング

スマイル

更新版でさらにお安い

スマイル

>> 更新版の詳細はこちら

お値段以上のパフォーマンス

スマイル

>> リーズナブルな受講料はこちら

スマホで完結は素晴らしい

スマイル

スマホで完結するので、職場でも周りの目を気にせずに学習ができますね。

スマホ完結だとマンネリ

不満

どんなに素晴らしい教材でも、あなたに合わないことがあります。必ずお試し体験を!

ログインしたらワンクリックで続きができる

スマイル

使い方がわからない

不満

オンライン学習に慣れるまでは、不便に感じるかもしれません。

音声で詳しく説明してくれる

スマイル

いつでもどこでも講義を2倍速で聞ける

スマイル

再生速度は、0.5、1.0、1.25、1.5、1.75、2.0、2.5、3.0倍の8段階のなかから選べます。

細切れの積み重ねで平日5時間の勉強が苦なくできる

スマイル

布団入りながら講義見てました

スマイル

寒くて、布団から出たくないときでも勉強できますね。

スマート問題集がいい感じ

スマイル

>> スマート問題集の詳細はこちら

先生の話し方が良い

スマイル

>> 早苗先生の詳細はこちら

「あー」「えー」「うん」が気になる

不満

講師との相性は大切です。購入前に、必ず講義を試聴しましょう。

記憶が整理されてスッキリ

スマイル

スタディングの公式サイトでは、150名分の合格者の声が掲載されています。とても参考になりますよ。

スタディング公式サイトはこちら

不安がなくなる!スタディング社労士講座に関するQ&A

Q&A

スタディング社労士講座のよくある質問を紹介します。購入を検討している方はご参考にしてください(クリックすると各質問にジャンプします)。

スタディングはちゃんとした会社ですか?

オフィスビル

はい、スタディングは信頼できる会社です。以下は運営会社の概要です。

社名KIYOラーニング株式会社
会社設立2010年
本社住所東京都文京区本郷6-16-2
資本金7億9,958万円
売上高
(2021年)
22億6,200万円
株式上場
東京証券取引所グロース市場
代表取締役社長綾部 貴淑
(創業者)
開講講座司法試験、司法書士、税理士、中小企業診断士など30講座

会社設立は2010年ですが、2008年に中小企業診断士講座を開講し、事業をスタートさせています。2020年には東京証券取引所マザーズ(当時)に上場しました。

KIYOラーニングの創業者兼社長の綾部 貴淑(あやべ きよし)さんは、1971年生まれで今年で51歳。

綾部社長は会社員時代に、中小企業診断士試験に挑戦するも2度挫折しています。3度目の挑戦にあたり、脳科学や心理学を学び、オリジナルの学習ツールを作成その結果、1年も経たずに合格されました。スタディングの教材は、綾部さんが作った学習ツールが原点となっています。

綾部社長は、東京工業大学情報科学科を卒業され、日本オラクル株式会社でエンジニア向けの教育事業やプロダクトマネージャーを歴任されました。米国のオラクルコーポレーションといえば、クラウドサービスを提供する世界的な企業ですね。ご経歴からも、スタディングがオンライン学習に特化している理由がよくわかります。

スタディングで学べば合格できますか?

桜

正直なところ、スタディングで勉強したからといって合格できるとは限りません。しかし、スマホでSNSやネット記事を見ている時間をスマホ学習に充てるだけで、勉強時間の7〜8割は捻出できます

以下は、株式会社日本マーケティングリサーチ機構が2021年に行なった、1日のうちにスマホを見ている時間に関する調査結果です。

  • 2時間程度・・・21.55%
  • 3時間以上・・・53.75%

調査によると、1日に2時間以上スマホを見ている人は75.3%。つまり、ほとんどの方がその2時間をスマホ学習に変えるだけで、1年間に730時間を捻出できるのです。

社労士試験に合格するための勉強時間の目安は800〜1,000時間。あと少し勉強するだけで、合格に手が届きますね。

スタディングはスマホですべての学習ができます。テキストや問題集を持ち運ぶことも、ページを開く必要もありません。面倒な作業がいならい分、学習を始めるハードルが下がり、勉強を続けられる。その結果、合格する可能性が高まるのです。

スクリーンタイムの1日の平均
スマホを見ている時間は簡単に確認できます。

勉強することで、労働者としてのご自身の権利を守ることができます。老後の資産形成もしやすくなりますよ。

合格実績は?

くす玉

2022年の合格者数は74名です。2020年と2021年は合格実績を公表していません。ですが、ホームページに合格者の声が掲載されています。その数をカウントすると、次のとおりです。

試験年合格者の声
2020年19名分(カウント値)
2021年66名分(カウント値)
2022年74名分(公表値)
合計159名

3年間で少なくとも159名が、スタディング学んで合格を勝ち取っています。

スタディングの社労士講座で学習して受験した方の合格率は、残念ながらわかりません

合格率を公表しているのは、フォーサイト(2022年度22.4%)とアガルート(2022年度27.37%)だけです。

>> フォーサイトなら合格率が4倍UP

>> アガルートなら受講料0円で合格できる

受講期限はいつまでですか?

2022年から2023年に切り替わろうとしているイラスト

2023年合格目標講座の場合、受講期限は2023年9月30日までです。(社労士試験は例年、8月の第4日曜日に実施)

どのように学習を進めたらいいですか?

エスカレーター

基本的な学習手順は以下のとおりです。

  1. 計画順に配信される講義を見る
  2. 視聴した講義の範囲に該当する練習問題や過去問を解く
  3. わからなかった問題はテキストを読んだり、講義を再度見て理解する
  4. 理解したことを忘れないように、問題演習を繰り返す

スタディングから配信される講義や教材を順番にこなしていけば、自動的に合格レベルに到達できるシステムです。独学のように、自分で学習する順番やペース配分を考える必要はありません。

価格はいくらですか?

円(¥)マーク

価格はコースによって異なります。コースは全部で3つです。

ベーシック
2023年合格目標
46,800円(税込)
スタンダード
2023年合格目標
59,800円(税込)
フル
2023年合格目標
74,800円(税込)
スタディングの社労士合格コース

スタンダードにはベーシックにはない、「直前対策答練」「合格模試」が含まれています

フルにはスタンダードに含まれていない、「入門講座」「学習Q&Aチケット」が付いています

もちろん、入会金や送料はかかりません

講義時間はどれくらいですか?

砂時計

スタディング社労士講座の講義時間は、ベーシックが約150時間スタンダードは約155時間フルコースが約161時間です。

講座名ベーシック
46,800円
スタンダード
59,800円
フル
74,800円
合格戦略講座5時間5時間5時間
基本講座124時間124時間124時間
総まとめ講座21時間21時間21時間
直前対策答練なし5時間5時間
入門講座なしなし6時間
総講義時間150時間155時間161時間
(金額はすべて消費税込)

スタディングの講義時間は他社と比べても、標準的な長さです。

>> 通信講座5社の講義時間を比較

スケジュールを教えてください。

カレンダー

講義や教材が配信されるタイミングに合わせて、各単元の学習を進めていきます。2023年版の配信予定は次のとおりです。

教材名配信予定
入門講義
(6時間)
※フルコースにのみ付属
22年9月
合格戦略講座
(5時間)
22年9月〜23年3月上旬
基本講座
(124時間)
22年9月〜23年3月上旬
スマート問題集
(合計1,760問)
22年9月〜23年3月上旬
セレクト過去問
(合計158問)
22年9月〜23年3月上旬
総まとめ講座
(21時間)
23年4月上旬〜6月下旬
直前対策答練
(5時間)
※ベーシックコースはなし
23年6月下旬〜7月上旬
合格模試
(1回分)
※ベーシックコースはなし
23年7月中旬

各科目のメイン講義の配信予定は以下になります。

科目配信予定
労働基準法22年9月
労働安全衛生法22年9月
労災保険法22年9月
雇用保険法22年10月上旬〜
労働保険徴収法22年11月上旬〜
労働一般常識22年11月中旬〜
健康保険法22年12月上旬〜
国民年金法23年1月上旬〜
厚生年金保険法23年2月上旬〜
社会保険に関する一般常識23年3月上旬〜

2023年の7月中旬には、すべての教材の配信が終わる予定です。

いつから始めるのがベストでしょうか?

start

2023年8月の本試験に向けた新講座がスタートする、9月に始めるのがベストです。9月からスタートすると、本試験までちょうど1年で区切りもいいですし、最新の情報を最速で入手することができます。

当たり前の話ですが、1日でも早く始めたほうが、勉強に充てられる時間が長くなる分、合格できる可能性は高まります。そういう意味では、思い立ったらその日に、スタートするのが一番です。

講師はどんな方ですか?

講義をしている男性講師

スタディング社労士講座のメイン講師は早苗俊博さんです。

出身地北海道生まれ
保有資格社会保険労務士
年金アドバイザー2級
年金コンサルタント
DCプランナー
メンタルヘルスカウンセラー

早苗さんは、スタディングの社労士講座をゼロから立ち上げられた方です。講義のモットーは「小学生にもわかる講義」。意図的にアニメーションを多用されています。

講義を視聴するとわかりますが、真面目で誠実なお人柄が画面から伝わってきます。

>> 早苗先生の詳しいプロフィールはこちら

講義を試聴できますか?

無料登録をすると、実際の講義を試聴したり、eラーニングの機能を体験したりすることができます。

YouTubeに社労士講座を紹介する、わかりやすい動画があります。1分程度で終わる内容なので、見てみてください。
(↓クリックすると動画がスタート↓)

模擬試験はありますか?

試験問題と解答用紙

模擬試験はありますが、「含まれているコース」と「含まれていないコース」があります。形式は自宅受験です。

教材名ベーシック
46,800円
スタンダード
59,800円
フル
74,800円
合格
模試
なしありあり
(金額はすべて消費税込)

46,800円の「ベーシック」には、模試は含まれていません。模試が必要なら「スタンダード」か「フル」を選択しましょう。

模試は他の資格スクールで受験することもできます。Amazonや書店でも市販されています。

>> 模試の詳細はこちら

質問はできますか?

Q&A

フルコース(74,800円)だけがメールで質問できます。ベーシック(46,800円)とスタンダード(59,800円)はオプションです。

ベーシック
46,800円
スタンダード
59,800円
フル
74,800円
質問回数0回
オプション
0回
オプション
30回
(金額はすべて消費税込)

質問するためのオプションチケットの価格は以下のとおりです。

  • 学習Q&Aチケット1枚(質問1回):1,500円(税込)
  • 学習Q&Aチケット5枚(質問5回):7,000円(税込)

スマホアプリはありますか?

はい、スタディングには「STUDYingアプリ」があります。iPhone、Android、どちらにも対応です。

STUDYingアプリ

通信圏外でも安心

download

アプリを使い、Wi-Fi環境下で事前に動画講義をダウンロードしておけば、いつでもどこでもオフラインで動画を視聴できます。スマホのデータ容量を気にする必要はありません。

音声ファイルもダウンロードできます。パソコンに一旦ファイルを保存して、スマホに転送すればOKです。

冊子のテキストはありますか?

積み重なっている5冊の本

紙媒体の教材は付属していません。スタディング社労士講座の標準テキストはすべてデジタルです。

冊子の教材はオプションで別途購入できます。

オプション
2023年度版冊子テキスト
全10科目20冊
白黒印刷
28,600円
(税・送料込み)

Webテキストならではの利点は、必要な箇所だけをコピー&ペーストできることです。スタディングの学習ツール「マイノート」にコペピすれば、簡単に論点をまとめられます。

テキストや模試は、ご自宅のプリンターで印刷できます。

学習を記録できますか?

パソコンとスマートフォンのイラスト

はい、自動的に学習履歴が記録されます。毎日、手帳やカレンダーに書く必要はありません。

スタディングなら、いつ、何を、どのくらい学習したかが一目瞭然です。すぐに履歴を確認できるので、最適なタイミングに復習をすることができます。

以下は受講生の方の学習記録です。↓

スマート問題集とセレクト過去問集の違いは?

色違いの2台のスマートフォン

スマート問題集は練習問題セレクト過去問集は社労士試験に実際に出題された問題を掲載しています。

スマート問題集は一問一答形式で、基本講座の単元が終わるたびに、学習範囲に適した練習問題を出題。

セレクト過去問集は社労士試験の過去問の中から、よく出題される重要論点を科目別にチョイスしています。

以下はそれぞれに収録されている問題数です。

スマート問題集1,760問
セレクト過去問集158問

スマート問題集とセレクト過去問集は、すべてのコース(ベーシック・スタンダード・フル)で利用できます

勉強仲間機能とは何ですか?

いいねマーク

勉強仲間機能とはモチベーションを高めるための、スタディング独自の学習ツールです。

専用サイト内で勉強時間や学習内容を投稿したり、勉強仲間を作って「いいね」や「コメント」を交換したりできます。勉強仲間機能は無料で誰でもご利用可能です。

AI実力スコアって?

5つ星で評価しているイラスト

AI実力スコア(特許番号7021758号)は、あなたの実力を診断してくれる機能です。全受講生における、あたなの位置をリアルタイムで表示してくれます。選択式試験と択一式試験、それぞれで確認できます。

さらに、もっと細かく、科目別や単元別に見ることも可能です。

模擬試験を待たずとも、日々、相対的な実力を確認できるため、弱点の克服とモチベーションのアップにつながります

以下は受講生の方のAIスコアです。↓

AI検索機能とは?

検索窓

AI検索機能とは、スタディング内の検索エンジンです。

キーワードを入力し検索すると、さまざまな学習コンテンツの中から最適な回答を探して表示してくれます。テキスト学習のように、目次や巻末の索引を開いて探す必要がないため、ストレスなく一瞬で疑問を解消できます。

以下のコンテンツが検索対象です。

  • 動画講座
  • テキスト
  • 過去問や練習問題
  • あなたが作成した「マイノート」や「メモ」
  • 質問に対する講師の回答(Q&Aサービス対象講座の場合)

スタディングはAI技術を自社で開発。すでに4件の特許を取得しています。

教育訓練給付金の対象ですか?

教育訓練給付金の対象ではありません。それでもスタディングは業界最安値です。

教育訓練給付金

教育訓練給付金の指定講座を修了すれば、受講料の20%がハローワークから支給される制度。対象は雇用保険の加入者です。

>> 教育訓練給付金が対象の通信講座はこちら

>> 通信講座5社の料金比較はこちら

再受講割引はありますか?

Restart!

はい、あります。更新版という形で、定価の半分以下の金額で購入できます

再受講割引は翌年に限りません。例えば、2021年に受講、2022年は未受講、2023年に再受講した場合でも半分以下の価格で更新版を購入できます

2023年更新版の価格は以下のとおりです。

  • ベーシック(定価46,800円)→更新版22,000円(税込)
  • スタンダード(定価59,800円)→更新版26,000円(税込)
  • フル(定価74,800円)→更新版33,000円(税込)

スタディングなら2年目以降も安心ですね。

詳細はこちら >> 【2023年度更新版】社労士各コース|スタディング

合格特典はありますか?

GIFT CARD

はい、合格お祝い金として1万円が銀行口座に振り込まれます。アンケート及び合格体験談のご提出が条件です。

キャンペーンはありますか?

メガホン

スタディングの公式サイトで定期的にキャンペーンが実施されています。直近では、合格者累計1万人突破記念!キャンペーンを実施されていました。(キャンペーン価格は以下のとおりで、1月31日に終了)

  • フルコース 定価74,800円→11,000円OFFで63,800円(税込)

クーポンとの併用も可能でした。

詳細はこちら >> 価格・キャンペーン

分割払いはできますか?

電卓と円(¥)マーク

はい、スタディングは分割払いができます。次の2つが利用可能です。

  • クレジットカード
  • ローン(審査あり)

クレジットカードの場合はご利用中のクレジットカード会社によって、手数料や選択可能な支払回数が異なります。

ローンの場合は、1回のご購入金額が税抜き4万円以上で、月々の返済額が3千円以上からご利用可能です。支払い回数は、1回、3回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回、30回、36回の中から選べます。

購入後のキャンセルはできますか?

原則、購入後のキャンセルはできません。これはスタディングに限ったことではなく、ほとんどの資格予備校が同様の規定を設けています。

返品やキャンセルができるのは、商品に不備があり、使用できない状態の場合のみです。

ミスマッチを防ぐために、スタディングでは無料お試し体験ができます。いつでも、何度でも試せるので、購入する前に必ず触れてみてくださいね。

イマイチな点はありますか?

しかめっ面

冊子の教材が付いていない点です。スタディングはテキストや問題集、模擬試験も、すべてデジタル教材です。

受講期限が過ぎると、有料講座のデジタル教材は、すべて使えなくなります。引き続き、使用するためには、更新版を購入しなくてはなりません

>> 更新版の価格はこちら

紙のテキストも購入できますが、別途28,600円(税込)かかってしまいます。さらにテキスト以外の教材、問題集などは紙で学習したくても、買うことができません。自分で印刷するか、市販の教材を購入するしかないんですね…

28,600円で冊子のテキストを購入すると、スタディングのコスパの良さが薄れてしまいます。

  • ベーシック:定価46,800円 + テキスト28,600円 = 総額75,400円
  • スタンダード:定価59,800円 + テキスト28,600円 = 総額88,400円
  • フル:定価74,800円 + テキスト28,600円 = 総額103,400円

スタディングにする際は、「オンライン学習法が自分に合っている」「紙のテキストは別途料金がかかる」ことを認識したうえで、購入するようにしましょう。

注文する前に、必ずお試し体験をしてくださいね。

>> 紙でもオンラインでも勉強したい方はフォーサイト

おすすめのコースは?

BEST QUALITY

スタディングのおすすめコースは、スタンダード(59,800円)です。理由はベーシック(46,800円)にはない、模擬試験が含まれているからです。

社労士試験の合格に模試は欠かせません。ベーシックを選ぶと、別途模試代がかかってしまいます。

スタンダードなら、直前対策答練(約5時間)も受講できるのでお得です。

フル(74,800円)は入門講座(約6時間)と30回分の質問チケットが含まれているので、初めて学習する方に最適なコースです。経済的に余裕があれば、フルも検討しましょう。

教材名ベーシック
46,800円
★おすすめ★
スタンダード
59,800円
初学者向け
フル
74,800円
入門講座
(6時間)
なしなしあり
合格戦略講座
(5時間)
ありありあり
基本講座
(124時間)
ありありあり
スマート問題集
(1,760問)
ありありあり
セレクト過去問集
(158問)
ありありあり
総まとめ講座
(21時間)
白書・統計対策、横断整理、法改正対策
ありありあり
直前対策答練
(5時間)
なしありあり
合格模試
(1回分)
なしありあり
質問チケット
(30枚)
なしなしあり
(金額はすべて消費税込)

割引クーポンはありますか?

割引クーポン

割引クーポンは、スタディングに無料登録するともらえます。これまでは5%OFFクーポンでしたが、現在は10%OFFクーポンをプレゼント中!

無料登録はメールアドレスと、ご自身で決めたパスワードを入力するだけ。30秒で終わります。無料登録したからといって、しつこい勧誘はありません。定期的にクーポンやメルマガが送られてくるだけです。

お試し体験に特典を付けることから、購入前にミスマッチを防ぎたいというスタディングの真摯な姿勢が伝わってきます。

登録をすれば、講義を試聴したり、AI機能を実際に使ったりすることができますよ。

一番安く購入する方法は?

初めてスタディングを利用するのであれば、公式サイトで無料登録したあとに購入するようにしましょう。10%OFFクーポンがもらえるからです。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでも検索してみましたが、取り扱いはありませんでした。

Amazon、楽天市場、Yahoo!の検索結果
「スタディング 社労士」で検索

スタディングの社労士講座を購入できるのは、公式サイトだけです。10%OFFの適用を受けるため、またミスマッチを防ぐためにも、必ず無料登録をして、お試し体験をしたうえで申し込むようにしましょう

スタディングがあなたにマッチすれば、これほどコスパの良い教材はないですよ。

割引クーポン 10%OFF

10%OFFクーポンがもらえる!

知っておくとモチベーションが上がる社労士試験の豆知識

本と電球

学習を始めるに当たって知っておくと役立つ知識を2つ、ご紹介します。

社労士は士業の中では取りやすい資格

社労士は難関資格の一つと言われますが、他の士業と比べると合格しやすい部類に入ります。以下は各士業の「合格率」と「合格までの学習時間の目安」をもとに、難易度を5つ星で評価したものです。

資格名難易度合格率合格までの学習時間の目安
弁護士(予備試験)
(5.0 / 5.0)
3%6,000時間
司法書士
(4.0 / 5.0)
4〜5%3,000時間
税理士
(4.0 / 5.0)
15〜20%3,000時間
中小企業診断士
(3.0 / 5.0)
4〜5%1,000〜1,500時間
社会保険労務士
(3.0 / 5.0)
6〜7%800〜1,000時間
行政書士
(3.0 / 5.0)
10〜13%600〜800時間
宅地建物取引士
(2.0 / 5.0)
15〜17%300〜500時間
7士業 試験の難易度を比較

社労士は中小企業診断士や行政書士と同レベルの難易度です。司法書士や税理士と比べると、3分の1の学習時間で合格レベルに到達できます。

しかも合格者の7割以上が企業・団体に雇用されている人々。大半の人が働きながら勉強を続けて合格しています。

社労士試験は簡単ではありませんが、決して手が届かないレベルではないのです。

難易度の詳細はこちら >> 一発合格する確率

合格率が低かった年の翌年は合格するチャンス

社労士試験は、合格率が低かった年の翌年は、合格率が上がる傾向にあります。以下は直近10年間の推移です。

試験年合格率合格者(人)受験者(人)
2013年5.4%2,66649,292
2014年9.3%4,15644,546
2015年2.6%1,05140,712
2016年4.4%1,77039,972
2017年6.8%2,61338,685
2018年6.3%2,41338,427
2019年6.6%2,52538,428
2020年6.4%2,23734,845
2021年7.9%2,93737,306
2022年5.3%2,13440,633
2023年予想上がる!?
合格率の推移

合格率は平均すると、6〜7%です。合格率が5.4%だった2013年の翌年、2014年は9.3%にに上昇2016年の4.4%から2017年6.8%に。合格者数の調整が行われていることがわかります。

2022年は合格率が7.9%から5.3%ヘ大きく下がりました。ということは、2023年はその反動で上昇する可能性が大。つまり、合格するチャンスです!

>> 通信講座おすすめランキングTOP5

スタディングの社労士講座に向いている人・いない人

スタディングの社労士講座はこんな方にはオススメしません

階段に座り込み、うつむいている男性
  • 冊子を手元に置いて学習したい方
  • 回数を気にせず質問をしたい方
  • オンラインサービスが苦手な方

一方、こんな方にはオススメです

左手を上げて、指差している男性
  • 費用を安く抑えたい方
  • スマホでサクサク学習したい方
  • 重たい教材を持ち運びたくない方
  • 2年目以降の学習コストを下げたい方
  • 合格するまでチャレンジするつもりの方
  • 職場で勉強していることを知られたくない方

10%OFFクーポンがもらえる!

業界最安値でもすごい!スタディングの社労士講座

鍵を掲げている男性

スタディングが業界最安値だからといって、合格できるかわからないものに、5万円も払うことには抵抗がありますよね。誰だって、そう思います。

ですが、やってみないことにはわからない。私も含めて合格者の多くは、初めから自信があったわけではありません。ただ、やってみただけです

社労士には受験資格があります。なかには、行政書士試験や中小企業診断士試験に合格しないと受験できない方もいるんです。せっかく受験資格があるのに、行動しないことほど、もったいないことはないと思うんです。

本を読んだあとに、実際に行動する人は10人に1人。つまり、少し動いただけでも、上位10%に入れます。

それだったら、簡単ですよね。今すぐ無料登録をして、スタディングの機能を試してみてください。そこに、あなたの突破口があります。

AI技術を体験できる!

追伸、無料登録するだけで10%OFF

10%OFF COUPON

スタディングの公式サイトで無料登録をするだけで、10%OFFクーポンがもらえます。

  • 「ベーシック」46,800円10%OFF後→42,120円
  • 「スタンダード」59,800円10%OFF後→53,820円
  • 「フル」63,800円10%OFF後→57,420円

自己投資しやすくなりますね。

2023年の社労士試験まで、あと7ヶ月。まだ、間に合います。

無料登録はメールアドレスと、任意のパスワードを入力するだけ。30秒で終わりますよ。

10%OFFクーポンがもらえる!

>> 通信講座おすすめランキングTOP5

2023年 最強の通信講座ランキング